×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

野々俣右岸尾根〜御前岳
HOME

3月17日またまた白川郷の平瀬から御前岳に行ってきました。
白弓スキー場からの尾根は当会の新雪狙いの定番になりつつありますが,その1本北の尾根は記録もなく(私が知らないだけ),ブナ,ダケカンバの快適な尾根は掘り出し物でした。
但し林道の状況によっては危険が多すぎるかもしれません。

日時   :3月17日
山域    :白川郷 御前岳
コース  :野々俣谷右岸尾根〜御前岳
メンバー :石際,河島,加藤,佐竹,荒木
天気   :晴れ
タイム   林道入口6:40 1721mピーク11:20 御前岳13:00 帰着17:10

木谷部落の林道入口に車を止め,林道をシール登高。右手の斜面はこの暖かさで心配になるほど雪が少なく,ブッシュもひどい。
尾根をまわり込むと,林道下の谷は深く切れ込み,途中1ヶ所,落ちたら助からない崖の上の雪壁状の部分があり,念のためつぼ足でトラバースする。野々俣谷の橋を渡り,斜面からの落石等に注意しなら500mほど行くと,目的の尾根の末端に着いた。ここまで2時間弱。

末端は雪が少なくブッシュがひどいので,少しまわり込んだ斜面から取付く。尾根上は雪が繋がっており,少し登るとブナの大木が素晴らしい快適な尾根となった。1721mピークに着き,ここで待つという佐竹を残し御前岳へ向かう。

しばらく平坦な尾根を歩き,主稜線に出る手前で三ノ谷へ滑り込む。ブナ,ダケカンバの疎林の滑降が素晴らしい。200mほどで三ノ谷の谷底に着く。谷は明るく,スキー天国といった雰囲気だ。

ここからすぐ左岸の斜面に取付き,モミが混じる広い尾根を登りきると,ドームのようは御前岳西峰に着いた。栗ヶ岳へのほとんど木立のない稜線はさすが白山のお隣さんといった感じ。シールのまま少し下り,御前岳に13:00着。うちのメンバーはピークでのんびりすることはめったにない。ちょっと休んですぐ滑降に移る。

ピークからゲレンデのような斜面を少し滑り,つぼ足で西峰へ。ここから一気にザラメの快適バーンを飛ばし,あっという間に三ノ谷へ。シールを着け,1721mピークへ戻ると佐竹は半雪洞を掘って昼寝をしていた。

ここから登ってきた尾根を800m滑るが,雪が腐ってきており,最初のうちこそブナの疎林の滑降に歓声も出たが,下部は切れかけた雪とブッシュで我慢の滑降となった。林道に出てからは,行きにスキーを脱いでトラバースした斜面もスキーで一気に渡り,雪解けの早さに驚きながらも車までスキーを着けて戻ることができた。平瀬の共同浴場(330円)で 疲れをとって帰る。

新雪の時期の御前岳についてはこちら を参考にしてください


林道の危険個所

ブナの自然林を行く

1721mピーク

三ノ谷への快適な滑降

御前岳西峰から御前岳へ向かう

栗ヶ岳への稜線

御前岳直下。ブナの疎林を大回りで飛ばす(激突注意)

御前岳から三ノ谷への超快適斜面。アルペン国体選手の合宿帰りで攻める河島

1721mピークへ戻る

なんか優雅でしょ?

下部はブッシュがうるさい