×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

八ヶ岳広河原沢左俣
HOME
1987年12月12日〜12日
メンバー 石際,春日,長沢

1日目
迷いながら舟山十字路まで車で入る。テントを張り寝るも,寒くて寝られず。6:45発。F1 3mは未結氷のため大きく左岸巻く。その後は全部直登。大滝15mはもろく不安定で80°〜85°で4級+程度。最後の滝も15m露出しており上部はつらら状で90°5級-くらい。結構難しい。この滝からしばらくで左の尾根に上がり御小屋尾根を詰める。長沢君が先行し阿弥陀のピークに5:12。暗くなりラテを点けて行者小屋に6:00着。長沢君が食当でご馳走を作ってくれた。生卵まで持ってきていました。夜になり雪が降り出し20cmほど積もる。

2日目
雪の状態が悪いので三又峰ルンゼをあきらめ,裏同心で遊ぶ。大滝を長沢君がリード。今回はここまでで引き返す。美濃戸口からタクシーがなく,別荘地をまたまた迷いながら2Hで舟山十字路へ。

左俣下部のゴルジュを行く
左俣下部のゴルジュを行く


中流15m大滝の登攀。上部は85°4級+
中流15m大滝


最後の難関。15mツララ状のハング滝 5級-
15mツララ状のハング滝


ハング滝上部。
ハング滝上部