×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

―― 雪と虹のバラード ――

 

先日、うちの奥さんが外へ出ていたので、夕食の皿洗いをしながら、なんとなくテレビを見ていた。

 

NHKの歌番組で、北海道に関係する歌の特集のようであった。

そこで、懐かしいトワエモアが出てきて、札幌冬季オリンピックのテーマソングである「雪と虹のバラード」を歌い出した。

 

画面下には歌詞が表示されていた。

そして、その歌詞の最後が

♪君の名を呼ぶオリンピックと♪

となっていたのにびっくりした。

 

この歌を憶えているというと歳がばれるそうであるが(隠すつもりはない)、実は、私は今までずっと最後のフレーズは

♪君の名を呼ぶオリンピック塔〜♪

だとばかり思ってきたのであった。

 

この歌を聴くたびに、「オリンピック塔」なるエッフェル塔のようなイメージが、笠谷の日の丸飛行隊とともに、頭に浮かんだものであった。

 

こういう話はよく笑い話として聞かれるもので、珍しいことではない。

巨人の星の「思い込んだら試練の道を♪」を「重いコンダラ」と思っていた話など有名である。

スタンダードになっているほどである。

 

しばらくして、うちの奥さんが帰ってきたのでこの話をした。

私の話を聞いて、私が「オリンピック党」と勘違いしていたと思った彼女は

「君の名を呼ぶんなら、やっぱオリンピック党のほうが意味が通じるね。」

と言った。

私の頭の中にはなぜかアントニオ猪木の顔が浮かび、二度楽しめた。

 

よく考えてみると、「オリンピック」と呼ばれた君とは誰なのか?

謎は深まるばかりである。

 

ホームページへ戻る