×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

平成14年12月14日・15日

岐阜ケルン山岳会雪上技術訓練

場所:御嶽山 御岳スキー場から大滝頂上周辺

訓練内容

○低体温に関する注意

・冬の3000m級の山岳の特徴

  気温が低い

  風が強い(風速1mで体感気温−1℃)

・ウエアの重要性

・凍傷の予防

  靴,手袋の調整,フード,目出帽

  水分補給

○雪上歩行

・アイゼンなし

  フラットフッティングが基本

    登高は踵荷重

    下降は爪先荷重

  自然なすり込み

  キックステップ

○ピッケルの使用方法

・各部の名称

・歩行時の持ち方(ピックは後ろ向き)

○アイゼン歩行

・装着タイミング

・フラットフッテイング(基本)

・フロントポインティング

・フラットフッティングとフロントポインティングのコンビネーション

・アイゼン・ピッケルのコンビネーション

○耐風姿勢

・コールによる練習

○滑落停止

・ピッケルなしの滑落停止

・ピッケルを使用した滑落停止

  フォーム2種類(基本,シャフト巻き込み)

  転倒したら速やかに体勢をとることを強調(加速がついたら停止は不可能)

○スタンディングアックスビレー

・雪上登攀におけるビレーの種類説明

  スタカット,コンテニュアス(大阪岳連方式,タイトロープ)

・支点の脆弱性

・アンカーの設置

  スノーバー,ピッケル埋め込み,土嚢アンカー

・肩がらみ確保の要点

  巻き付け量による制動(握る力ではコントロール不可能)

・基本姿勢

○ラッセル

・雪の上に出るのがこつ

○テント設営

・場所

・向き

・整地,ブロックによる防風

○弱層テスト

・ハンドテスト

  タイミング,場所

  柱掘り出し(直径40cm,深さ70cm)

  断面観察

  テスト方法

  判断