×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◎基本的リードクライミング手順

 

○岩場に着いたら

・まずヘルメットを着ける。

・ハーネス,シューズ,ギア等を着ける。

・アンカーの設置(ヶ所以上。最低2ヶ所。不安な場合は増やす。)

・ロープを結ぶ前にビレーアンカーの近くにロープを整理(トップ側が上になるように。汚れに気をつけて。)

・ロープをエイトノットでハーネスに結ぶ。

・パートナーどうしハーネス,ロープの装着をチェック。

・ビレイヤ―はメインロープでセルフビレーを取る。

○トップのリード

 ・ビレイヤーは確保(ハーネスからのボディービレー)できたことをコール「登ってよし」

 ・トップは,まず,アンカーに1本目のランニングを取ること。カラビナを2個使い両ロープをセット。

  1個のカラビナに2本のロープセットは厳禁

  その後,早めに2本目をとる。

 ・ダブルロープの場合,2本のロープを通す順番よりロープラインを左右に分ける意識でランニングをセット。

 ・ハングの前後,カム,ナッツをセットする場合は長めのシュリンゲを使う。

 ・ヌンチャクの逆クリップに注意する。

 ・ロープは跨がないよう努める。

 ・ビレイヤ―はロープの半分,あと10m,5m,その他必要に応じロープの残りをトップに知らせる。

○ビレ―ポイントに着いたら

 ・残置ハーケン,カム等でランニングまたは仮のセルフビレーをとる。

 ・まずアンカー(次のリードのビレーに使えるもの)をセットする(ヶ所以上。最低2ヶ所。不安な場合は増やす。)

 ・セルフビレーを取る。「ビレー解除」のコール。

 ・ビレイヤ―はビレイを解除したら「ロープアップ」のコール。

 ・トップはロープを引き上げる(確保器をセットする前に)。

 ・全部引き上げられたらセカンドは「いっぱい」のコール。

○セカンドのビレー

 ・アンカーに確保器をセットし「登って来い」のコール(壁確保。ATCの場合はアンカー折り返しのボディービレー)。

 ・セカンドはこのコールで初めてセルフビレーを外す。

 ・セカンドはランニングを全て回収し,できるだけ整理しながら登る。

 ・ロープが張られていない場合「ロープアップ」のコール(何回でも)。

 余ったロープを手で持ったり,引きずったりして登ってはいけない!

 ・ビレーポイントに着いたらアンカーシステムの一部(どこでもよい)にセルフビレーを取る。

ビレイヤーに「ビレー解除」のコール(口に出して言うことが大事)

○次のピッチの準備

 ・ビレイヤーはビレーを解除し,ボディービレーにセットしなおす。

 ・ギアの受け渡し整理(落下に注意。相手が確実に持ったのを確認してから手を離す!)

 ・ビレイヤーは確保(ハーネスからのボディービレー)できたことをコール「登ってよし」

  (以下繰り返し)

 

◎懸垂下降

○セッティング

 ・必ず2ヶ所以上のピンでアンカーを作る。立木であれば直径10cm以上(地盤に注意)。作業の前に必ずセルフビレーを取ること。

  回収の際,抵抗が大きくなるようなセットは避けること。

 ・アンカーにロープをセットし投げられるよう整理。1本ずつでもダブルでもよい。末端にエイトノット。

 ・ロープの連結はオーバーハンドノット&末端処理。

 ・必ず投げる前にアンカーにロープが通してあるか確認。

 ・「ロープダウン」のコール(ゲレンデ等下に人がいる可能性があるとき)

 ・投げる。末端の方を外側にして投げるとうまくいく。

 ・回収の際引く方のロープの確認。赤なら赤と毎回同じにしておくとよい。

○下降

 ・バックアップ(プルージック等)のセット

 ・下降器のセット(落とさないようセットの仕方を工夫する)

 ・システムに体重をかけテスト(不可能な場合はチェック)

 ・ここで初めてセルフビレー解除

 ・下降はルート判断,アンカー工作等できる者が先。

 ・ゆっくり,なめらかに下降(歩くように)。跳ばないこと。

 ・次のアンカーに着いたら,まずセルフビレーを取る。

 ・下降器,プルージックを外す。

  斜めやオーバーハング下のアンカーにいる場合は,ロープの確保を考える。

 ・回収のとき引く方のロープを引いてテスト。流れが悪ければ上にいる者にセットの調整を指示。

 ・「完了」のコール。(セカンドはテスト引きがありロープから荷重が外れたら完了と判断してよい)

 ・セカンド以下の下降。アンカーに着いたら最初にセルフビレーを取る。(「完了」のコール)

○回収

 ・末端の結び目を解く。

 ・引く方のロープの末端をアンカーまたはハーネスに結んでおく(落とさないため)。

 ・ロープを引く。最後の方でロープが自重で流れ出したら滑らかに素早く引く。落石注意。

 ・次の下降のためのセッティング。各メンバー協力しボケーとしている者がないように。