×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

―― 冬の飛騨沢山スキー ――

1997.12.27〜28

単独

 

12月27日 晴

新穂高は雪がほとんどなく林道のゲートまで車を入れる。県警のパトロールに雪が降ったら自力で脱出しろと念を押される。林道も雪が少なく,スキーは担いでいく。白出からの道では,木から融けた雪がボタボタ落ちてきて,濡れてしまう。槍平小屋では大学の山岳部パーティーが陣取っていた。

夏道ぞいにトレースを辿り,2250mまで下見をし,沢沿いに滑る。雪が少なく,モナカ雪で快適でない。槍平手前で雪がなくなってしまう。

新穂高ゲート9:45 白出11:15 槍平13:15 飛騨沢2250m15:00 槍平15:55

 

12月28日 晴

明るくなってから小屋を出る。昨日付けておいたトレースを辿り,沢どおしにシールアップする。雪はまだ腐っておらず,いいペースで2800mまで行く。アイスバーンになったのでアイゼンに換える。乗越は風が強く,視界もきかない。スキーをデポし,槍のピークを踏みに行く。クサリ場が堅雪壁になっており,シングルアックスでアイゼンもよくきまるが,下降が少し怖い。冬の槍の穂先を始めて踏む。慎重に下り,肩に戻る。

 

乗越から滑降に入る。最初はアイスバーン。少し下るとパックされた新雪で数ターンはうまく行く。宝の木まではまあまあいい雪で新雪を楽しむ。しだいにブレイカブルクラストとなり,谷に入ると一昨年と同様,無理をすると転んでしまう。とほほ。昨日のトレースまで下り,あとはだましだまし槍平へ。

 

早く着いたので避難小屋でウイスキーを飲んでごろごろしていると,東京から来たという単独行の年配者が入ってくる。隣に陣取ったそのおじさんといろいろ話をして,つい飲みすぎた。彼は若い頃アフリカからアジア,ヨーロッパをヒッチハイクで放浪したことがあるそうだ。まるで「深夜特急」だね。

槍平6:50 飛騨乗越10:00 槍ヶ岳11:00 乗越11:40 槍平12:44

 

12月29日 快晴

今朝はドピーカン。飛騨沢のトレースをあてにして,シールなしピッケルなしで乗越を目指すが,トレースは大喰の西稜に上がっており,宝の木で昨日の氏と別れ,またバキバキクラストをだましだまし下り,槍平に戻る。天気もよく,白出からはスキーも使え,ゲートに割と早く着く。車のエンジンをかけ,ほっとする。毎年,年末年始に槍平に入る島田先生が入山するのに会い,少し話をして帰途につく。

槍平6:20 宝の木8:00 槍平8:00〜9:00 ゲート11:20

 

ホームページへ戻る