×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

白山転法輪谷左岸尾根
HOME


1999年5月8日〜9日
メンバー 都竹(飛騨山岳会),井本,石際

今回は白山の北方稜線を縦走する予定。
大白川のキャンプ場までちょっとズルをして入山する。キャンプ場から少し入ると雪があり,シール登高。小白水谷の徒渉地点にちょうどうまく倒木が懸かっており,渉れた。転法輪谷右岸尾根に取り付き,シール登高。1600mあたりで急斜面があり,スキーを1回脱ぐが,後は快適な登高。


井本さんの荷物は非常に重そうである。剣ヶ峰と御前峰のコルへ突き上げる急な沢はシール登高の限界。
デブリもあり気持ち悪い。

白山転法輪谷左岸尾根上部台地で。バックが急な谷。

風が強く,かなり寒い。白山奥宮で。

御前峰から室堂までは雪が繋がっておらず,右手の斜面を少し下りスキーを着ける。黄砂で黄色くなった雪はスキーにブレーキがかかり,スキーもカービングから昔の板に換えたので,うまく滑れなかった。
室堂ではすでに小屋が営業しており,冬期小屋に入れず,小屋の陰にツエルトを張る。

キャンプ場入口9:00 1380m徒渉点10:00 1900mプラトー12:00〜12:25 2230m13:35 頂上16:00 室堂17:00

  2日目の朝。

登って来た尾根があまりにも美味しそうなので,同ルート下降に予定を変更。のんびり出発する。
大汝峰を空身でピストンする。急な腐れ雪の斜面であったが,まずまずの滑り。コルまでシールを着けず,スキーで歩く。

ここから大滑降。少し雪が腐れ過ぎ,非常に不安定である。ターンすると足元から表層雪崩が出る。なんとか転ばずターンしながら滑る。


2300mあたりで右にトラバースし,転法輪谷へ滑り込む。すばらしい斜面である。谷が浅くなった所で左の尾根に上がり,ダケカンバ,ブナの林の中を快適に滑る。登りでスキーを脱いだ所も左から回り込んで下れた。
また,倒木を渡り,キャンプ場まで滑降できた。

ここから延々4時間。兼用靴での林道歩きはつらかったが,ウドを採ったりして,楽しい思い出となった。


室堂9:15 大汝峰10:25 コル11:10 キャンプ場14:00 平瀬18:00

林道が開通するのが6月1日なので,マウンテンバイクでアプローチするといいと思う。頂上直下の急な谷は朝早いうちに下ればもっと快適であろう。アプローチの苦労を差し引いてもお釣のくる非常にすばらしい尾根である。