×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乗鞍岳三本滝アイスクライミング
HOME

2002年3月9日
石際,山中,前田

松本の横山さんに教えてもらった三本滝に行ってきました。
乗鞍高原スキー場からアプローチ30分で, 第1クワッド1本(300円)で上がれるし,駐車場は無料だしお手軽です。
しかし,この暖かさで氷の崩壊が始まっていて, 唯一日陰の左の滝で,アイスボルダーの雰囲気で腕がパンパンになるまで遊びました。山中さんはシモン・クオークにグリベルのバイポイントアイゼン。私は20年近く前のシャッカルにボワバンで対抗しましたが,山中さんはさすがイレブンクライマー。かないませんでした。
横山さんの行かれた2月中旬なら,すごくいいゲレンデになると思います。

                  半分崩壊した左の滝
1

                     ストレートシャフトではハングはつらい
1

本流左岸の氷柱は8mぐらいで面白そう。今回は崩壊しそうで取り付けず。
1

以下,横山さんの案内を転載させていただきます。

三本滝は、スキー場からリフトを3本乗り継いで、三本滝のレストハウスに向かいます。 このレストハウスの奥、山に向かって右に林道がありますのでそこに入って下さい。

5分弱で最初のヘアピンカーブが現れます。 ここから入ります。しばらくトラバースぎみに進むと斜面が急になります。 左斜め前方樹林越しに滝が見えると思います。 急斜面はすぐ崖になってしまいますので、右から回り込むようにして沢に下ります。

後は沢を少し登ると三本滝が現れます。
真ん中が本流です。正面は水が流れているかもしれません。 この前は左の緩い斜面から上に登りました。4級はないです。 25mほどで落口。左の木にシュリンゲがかかっています。 正面から行けばもっとスケールがありますし、グレードも上がると思います。 この本流はもう一段上にも滝があり、凍れば面白そうですよ。
戻って、向かって左には幅広の氷があります。 高さはありませんが、ラインどりによっては楽しめると思います。 この滝と本流の間に、ベルグラ状の氷柱があります。 10m程度ですが、結構見栄えもあり、楽しいです。
向かって右側の滝は、この前は全く凍っていませんでした。 しかし凍ればナメ状の快適なクライミングが楽しめると思います。

いずれにせよ、豪快なクライミングを楽しむというよりは、 自由に滝や氷柱を選んで楽しく登る、といった雰囲気です。 周りの雰囲気はなかなか良いのでお薦めですけど。 あと、スキーは必携です。帰りのゲレンデを滑るためです。 もし凍っていなかったら山スキーに逃げることもできますしね。


もうひとつ、これも肉眼で見たわけではないのでハッキリとはいえませんが、 安房トンネルを抜けて、坂巻温泉を過ぎると、「雲間の滝」というトンネルがありま す。 このトンネルを抜けると右側の沢の奥に大きな滝が見えます。 これが雲間の滝です。僕はまだ行ったことはありませんが。 アプローチは1時間半くらい。ラインは幾つか取れるそうです。 結構高さはありますよ。7〜80mくらいでしょうか。 車から眺めて駄目そうだったら乗鞍に向かうというのも手でしょうか。

参考までに結氷した滝の写真
地図