×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

―― 子ノ原高原から乗鞍岳(中退) ――

1993,4,3

石際 淳,東田良二 

 

子ノ原高原入口の池ヶ洞峠にはゲートがあり,道は除雪されているのに関係者以外入れなくなっている。

しかたがないのでスキーを担ぎ30分ほど歩くと雪が出てきたのでスキーをつける。

林道歩きが長かった。子ノ原高原は昔スキー場があったらしく,なんとなくそんな雰囲気が漂っている。

 

林道終点から傾斜の緩い尾根をダラダラ登る。奥千町ヶ原からは素晴らしい雪原である。広い尾根の左(岩井谷側)の沢状を登る。

次第にガスがかかってきて,スピードも上がらない。雪も舞い始めた。

黍生からの尾根のジャンクションのコル(2700m付近)であきらめ,引き返すことにする。

 

滑降はホワイトアウト気味で快適とまではいかなかった。子ノ原の尾根に入るとちょっと新雪が滑れた。

林道に出る手前で雨になる。またまた長い林道歩きが疲れた。傾斜が緩すぎて滑らないので。

 

池ヶ洞峠7:10 スキー履く7:40 林道終点9:10 奥千町11:40 2700mコル13:15〜30 奥千町14:30 林道15:30 峠17:10

 

 

(コメント)

ちょっと林道歩きが長すぎる。上部はスキー天国。奥千町の避難小屋を利用すればのんびりいろんな斜面が楽しめる。

 

ホームページへ