×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戸台川駒津沢
HOME

1986.2.8〜9
メンバー 関岡,石際


2月8日
7:30戸台出発。単調な河原歩き2時間で丹渓山荘に着く。
戸台本谷は先行者なく,踏み跡らしきものをトレースしていく。途中,沢からはずれ,どんどん登って行き,ふたたび沢に 出たところは七丈ノ滝沢出合であった。七丈ノ滝は,ツララの集合体である。
本谷F1でアンザイレンして,トップは荷上げすることにする。

                     本谷F1 4級 20m


本谷F2は階段状で易しい。

                     本谷F2 3級+ 20m


本谷F2を登りきったところで左岸に駒津沢のF1が見える。
ここで滝を見ながら昼飯。ここまで戸台から6時間。

                     駒津沢F1 4級+ 70m


14:15石際トップで登り始める。氷の状態はよく,平均傾斜70度。
ビシビシアックスを決め快調に登っていく。



2ピッチでF1を登りきる。目の前にF2(20m)があり,明日のことを考えて今日登ることにする。
F2は傾斜なく平均50度。
F2少し上でビバークすることにする。17:15ツエルトに入るころには周りは暗かった。

2月9日
7:00出発。沢を30分登ると2又になり,右を取る。ここまではルート図とおりだったが,どこかで小さな沢に入り込んで しまい,腰までのラッセルで尾根上に11:00。
3回ほど岩をまきつつラッセルを続け,岩稜を登りきったら双子山に出た。12:45
登山道にはトレースがあり,仙水峠経由で北沢峠へ下る。
北沢峠14:30。戸台に17:00着。

八ヶ岳などでちょろっと遊ぶような氷は何回かやっていたが,冬の沢を詰めてピークに立つのはこれが初めてだった。