×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

笠ヶ岳播隆平〜穴毛谷六ノ沢
HOME

2005.5.8
メンバー 石際,加藤


穴毛本谷を抜戸岳まで登り笠ヶ岳へ縦走し笠ヶ岳から播隆平へ滑り込み,少し登り返して稜線に出て,抜戸岩南 のピークから六ノ沢を滑りました。

当日の状況は・・・
*穴毛谷の堰堤沿いに登る林道は特に問題なく最終堰堤に行ける。
*最終堰堤に直接登る上の林道は堰堤下のスノーブリッジが少し危ない状態になっているので,
 いつまで渡れるかわからない。
*雪渓末端は二ノ沢出合いからかなり後退しており,右岸の簡単なへつりが必要。
*雪渓の状態は例年になく非常にきれいで,末端まで滑りを楽しめる。
*大滝上にも1箇所滝が出ているが,簡単に迂回できる。
*杓子平,七ノ沢周辺の雪の状態は最高。
*抜戸岳直下には雪庇なし。

笠から播隆平への斜面はすばらしかったです。
六ノ沢は見かけほど急でなく,楽しい滑降ができました。
杓子平の大斜面もいいですが,こちらのほうが笠から下るには近いし,ちょっとした緊張感も味わえます。
大滝の真上に出るので,ダイビングしないよう注意。

新穂高無料P6:10 抜戸岳11:40 笠ヶ岳13:40 滑降開始14:00 大滝下15:30
その後は寄り道?しながらのんびり帰りました。

穴毛谷下部


大滝横のザイテンタール。例年になくきれいだ。


抜戸岳から見る笠ヶ岳。頂上から播隆平へ滑り込み,少し登り返して六ノ沢。

笠ヶ岳頂上から抜戸岳を振り返る。遠くに槍が。


頂上から播隆平へ滑り込む加藤。


播隆平へのすばらしい斜面。真中のピークが笠。


六ノ沢の上部。雪が緩んでいれば楽しく落ちていける。


中間部の斜面。


うまくなったね!


穴毛谷由来の大洞穴。こうすると余計にHです。