×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

錫杖岳前衛フェース バードランド〜じーやの大冒険
HOME

日程 2004年9月12日(日)
メンバー (岐阜ケルン)石際 淳、加藤 毅
ルート図 PDF 40KB

錫杖岳前衛フェースのバードランドへ行ってきました。
7月にも1度挑戦して,ラインを間違えて行き詰まり,敗退していたので, そのリベンジでした。

ラインはスラブ主体で,明瞭なクラックなどを追うラインではないので, ルートファインディングが難しかったですが,登ってみると,岩は硬いし 明るいし,NPで行ける合理的なラインを取っていて,残置もほとんどなく, いいルートでした。

開拓時は上部3ピッチは直上ルート5級・A1をたどっていますが,今回は バードランド終了後,ブッシュ帯を左にトラバースして,「じーやの大冒険」 の3ピッチ目から上を登りました。「じーや」1ピッチ目は10cですが, 濡れていることが多く,フリー化に関わった方からもかなり悪いと聞いてい ました。今回のラインはこのピッチの迂回コースという消極的な意味もあり ます。

「じーや」3ピッチ目からはバードランドの明るい雰囲気から比べると, 少々暗い印象ですが,ビレーポイント(ステンレスのハンガーボルト)以外 は完全NPで5.9のクラックが楽しめるので,こちらに継続すれば,全体 としてNPフリーのマルチピッチとしていいラインになると思います。 せっかくのいいラインなので,ハーケンの打ち足しなどを控え,再登者が 新鮮な気分で登れるようにお願いします。

(登攀概要)
1ピッチ目 5.6
3ルンゼ右壁の基部を少し下り,白いハングが上部に見えるでこぼこのスラブを 登る。ハングを右に避け,カムでランニングを取りながら,垂壁を越え,大木の テラスへ。NP,残置なし。



2ピッチ目 5.9
テラスからすぐ上の,残置ハーケン2枚の浅い凹角を登る。1手だけバランスが 悪い。バンドを左へトラバースしてカンテを回りこみ,初登記録では「枯れ木 3本」とあるが,現在は青々している潅木からさらに左上し,快適なスラブを 登る。ロープの流れが悪いので,下から2本目の潅木でピッチを切る。 残置ハーケン2本



3ピッチ目 5.7
さらに左のスラブをクラックを使いながら登り(潅木のあるルンゼ状はなるべく 使わないほうが楽しい。),ブッシュのテラスから左上し残置ハーケンのある 外傾テラスでピッチを切る。残置ハーケン2本

4ピッチ目 5.8
カンテ左のすっきりした垂壁をNPで登り,その後,右上しカンテを回り込み 裏のルンゼ状で直上ルート?に合流し,ハーケン2本のテラスでピッチを切る。 バードランド上には残置なし。

5ピッチ目 5.5
ブッシュから右のチムニーに入り,上部ブッシュ帯へ。

6ピッチ目 3級
ブッシュの尾根を少し下り,左へトラバースし,ルンゼをクライムダウンして ハンガーボルト2本の「じーや」2ピッチ目の終了点へ。
このピッチは,ビレーポイントから草付を左へトラバースすれば,そのまま 「じーや」3ピッチ目へ入れそうである。

7ピッチ目 5.9
「じーや」3ピッチ目のクラックを登る,ハング乗越しの1手が微妙 「じーや」4ピッチ目も繋げて登り洞穴下のビレーポイントへ。



8ピッチ目 5.7
ハング左の突き出したチョックストーンを乗越しブッシュ帯へ。

9ピッチ目 3級
ブッシュ帯から右手の凹角を登り,P4の肩に出て終了。

下降は「じーや」を4回のラッペル(50mロープ使用)で3ルンゼの 取付きへ戻る。


じーやの大冒険については,カルパッチョさんのホームページ に詳細な記録があります。