×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

錫杖岳烏帽子岩前衛フェース白壁ルート

1990.7.8  石際 淳  鈴木晴人

 

朝起きてみるとあいにく雨模様。登攀はあきらめ槍見温泉前の高原川で釣りをすることにする。二人でちょっと竿を出していると雨が上がり,錫杖の岩場に朝日があたった(高原川の川原から錫杖の岩場が本当に見えたのか。そう言われると,どうも自信がないが,私の記憶の中ではそういうイメージが浮かんでくるのである)。これは行くしかないと竿をたたみ,錫杖に向かう。

 

白壁ルート下部は1ルンゼ左ルートと同じ。大テラス前のフェースはフレーク状のホールドが不思議な感じのフェース。プロテクションはあまり取れないが私の好きなピッチ。次はハング右に入ったチムニーを抜ける。これを嫌って右フェースのボルトラダ−をたどると上部でネイリング,スモールストッパーの人工になってしまうので注意(それもまた楽し)。

 

大テラスから圧倒的な白い壁の右のジェードルに入るクラックを人工で登る。このピッチがハイライト。アングル,ナッツ,フレンズを駆使しAA1のエイドで高度を稼ぐ。たまに木のクサビなんかが出てきて昔を偲ばせる。腐ったハーケンなどを使えばナッツ等セットしなくても人工で行けるが,そんな登り方は心臓に悪いだけである。凹角を抜けると気持ちのいいフェースをナイフブレード等の人工とフリーで楽しく登れる。上部の潅木帯に入って終了。40m1ピッチの懸垂で1ルンゼに降りられる。すっきりした良いルートです。

 

タイム
槍見 5:40−前衛フェース取付7:30−大テラス10:00−終了13:30−1ルンゼ下降−終了15:00

−槍見16:00
使用ギア(参考)
アングル2〜3本,ロストアロー2〜3本,ナイフブレード5〜6本,ロックス1セット,フレンズ1〜3番

 

ホームページへ戻る